超臨界流体抽出(CO2抽出)

Supercritical Fluid Extraction (超臨界流体抽出法)

二酸化炭素に圧力と温度を加えていくと約72気圧・31度(臨界点)で、気体と液体の中間である流体(超臨界)になります。その超臨界流体の中に原料となる植物を入れると、植物の芳香成分が流体に浸透して溶け出します。その後、流体の圧力を元に戻して気化させると、芳香成分だけが残ります。超臨界流体抽出法では、他の抽出法では取り出すことができない自然に近い植物本来がもつ栄養価や芳香成分を高品質で安全に得ることができます。

高価なためヨーロッパにもまだ数台しかないと言われている

超臨界流体抽出装置のひとつがECOMAAT社にあり、

現在ダマスクローズのエクストラクトを抽出しているのは

世界でもECOMAAT社のみです。

抽出の過程で二酸化炭素しか使わないため、

安全性が高く高品質な成分をえることができ、

食品やベビーケアにも安心して使えます。