エコマット社とは?

 

・・・・エコマット社の詳しい説明

 

 

 

創設者 クラッチマノフ氏

 

写真は創設者

ドリアン・クラッチマノフ氏

IFEAT(国際エッセンシャルオイル製造販売連盟)の一員

アタナス・クラッチマノフ氏 

  

 

 

ECOMAATは2001年親族経営により創設され、

同年に創業を開始しました。

創設者はエンジニアであり、

ローズオイル・エッセンシャルオイルなどの

製造免許を取得しています。

 

製造プロジェクトは一貫した製造管理のもと行われており、

原材料のハーブ栽培から製造、販売、

国際化粧品博覧会の出展に至るまですべての工程に

携わっております。

 


ミルコボ地方

バルカン山脈の南斜面と

スレドナ・ゴラの北斜面に挟まれた谷は

気候・風土にたいへん恵まれており、

汚染されていない貴重な土壌や自然が残されています。

毎年、春には南方よりコウノトリが飛来し

この土地で子育てを行います。

また、古代から人々が居住していた証でもある

トラキア時代やローマ時代の遺跡が残されており、

考古学的な発見物も数多く出土しています。

ここミルコボ地方の土地は、

上質なローズを生産するにあたり最も適した環境です。

 


ライチョ・ツベトコフ博士

ECOMAAT社バラ園のコンサルタント

であるツベトコフ博士は、

日本で土壌地質の研究を行っていました。

日本で研究したテクノロジーやノウハウを活かし、

ECOMAAT社のバラ園の品種選択に反映させました。


 

バラ園とオイル蒸瑠所

ECOMAAT社が所有するバラ園は常に厳格な品質管理のもと、

BIO有機栽培農法を行っています。

また、蒸留所・研究所を自社所有しており、

原材料の栽培から製造、販売までを一貫することにより

製品としての高い品質を保持しています。

 

 

 


BIO有機栽培農法の資格免許

 

ECOMAAT社は、ブルガリアにおけるBIO農法の先駆者であり、

ブルガリアで初めて化粧品としてのオーガニック認証を取得しました。

 

当社の哲学は『花は最良の良薬である』という宇宙原理を踏まえた上でBIO有機栽培農法を行っています。

この栽培農法で育てられた植物を用い、

製造される化粧品は最高のものであると自負しています。

 

その中でも特にバラは見た目の美しさや華やかさだけではなく、

バラ本来が持つ成分やエネルギーが様々な症状を治療する

という点から”花の王様である”と考えています。

 

当社のスパマート・シリーズには、フローラルウォーターを始め、

ブレンドオイルには3種類~7種類以上のエッセンシャルオイルを含み、

心と身体のために効果的な力を引き出せるよう

最も適したブレンドとしてアロマ構成されています。

 

 

 

アロマ(芳香)の中で最も優れているのは、ローズ(ダマスクローズ)とズドラベッツ(ブルガリアンゼラニウム)の2つです。

 

それらを使用した健康と美容のためのアロマレシピが

ブルガリアの伝統の中では最も多く存在し、

化学技術が発展した現在においてもこの2つの植物が

最も優れたものであるとした研究結果と効果が証明されています。

 

当社における生産管理には、ドイツ・フランスで研究を行ない

世界的に活躍している香水と有機農業の専門家である

ニコロフ博士、イヴァノフ博士、イリンチェフ博士の

優れたノウハウが用いられています。

また、当社のオイルやフローラルウォーターの生産には、

伝統あるブルガリアの生産経験の中で得た技術と知識を駆使し、

更に世界的に有名なフランスのダニエル・ビノエル博士や、

シコラエフスキ博士、ジンコビッチ博士らの研究結果も

使用しています。

 

Supercritical Co2 extraction (超臨界CO2抽出)

この新技術は、約72気圧以上における二酸化炭素の状態に

注目した技術であり、

これらを用いて生産されたオイルは、

その植物本来が所持している効果を最大限に発揮することが出来ます。この新鋭の技術によって作り出されるオイルがもたらす効果は、

ほんの数滴使用するだけで、

まるで満開花畑にいるかのような香りに包み込まれます。