超臨界流体抽出(CO2抽出)

Supercritical CO2 extraction 

(超臨界CO2抽出)

二酸化炭素に圧力と温度を加えていくと

約72atm・温度31℃の点で

気体とも液体ともつかない状態になります。

この点を「臨界点」といい、

この点を超えると状態「超臨界流体」の状態といいます。

 

「超臨界流体」の状態は、

気体と液体の両方の性質を持っており、

プロポリス原塊や植物などの天然成分を

溶かし出す強い力があります。

そして、含有成分を溶かし出した後に

圧力を下げると、二酸化炭素は普通の気体に戻り、

すべて揮発するため純粋な抽出物だけが残ります。

 

この原理を精油の抽出に応用した方法が

「超臨界二酸化炭素抽出」と呼ばれています。

 

 

ヨーロッパに未だ数台しか無い、

超臨界流体抽出の機械の1つがECOMAAT社にあり、

またこの機械でローズエクストラクトを抽出しているのは、

現在ECOMAAT社のみです。

抽出の過程で二酸化炭素しか用いないため、

この方法で抽出された精油は、

安全性が高く食品や生まれたばかりの

赤ちゃんのケアにも使うことができます。