ブルガスカローザ カルロボ社とは?

ブルガリア最大手のローズ製品製造メーカー。

株式会社ワンズが契約をして直接の輸入と販売の開始をしました。

ブルガスカローザカルロボ社は、ブルガリアが社会主義時代の1948年にローズオイルやローズウォーターを政府の専売事業にするにあたり生産と販売をになう国営会社として設立されました。以来、ブルガリア独自のバラ産業としての大きな発展を遂げ、バラ産業における国内最大手メーカーとなりました。その後、1960年には自社研究所を設立し、伝統と培ってきた技術を集結させながら現在まで数多くの製品を作ってきました。1990年のブルガリアの社会主義から民主化への政権変更にともない、経営は国営会社から民営化変わりましたが、その後もブルガスカローザカルロボ社は、ブルガリアにおけるバラ産業の最大手メーカーとして君臨しており、今も多くのブルガリア人に広く知られ愛されています。


受賞歴

ブルガリア政府の贈答品

ブルガリア政府は他国より国賓が来られた際には、自国が誇る逸品として世界一の香りと品質を誇るといわれるダマスクローズオイルをプレゼントします。香りが最高峰なことは勿論、ブルガリアンローズの伝統を途絶えさせずに現在まで継承してきているということから、ブルガスカローザカルロボ社が生産したローズオイルクリスタル製の容器に入れてプレゼントしています (写真)実際に贈答品として使われているものです。


バラ研究所

自社研究所では成分や効能を科学的に立証し、高品質で魅力的な商品作りに活かしています。

約70年にわたり、魅力的な製品を生み出し続けるブルガスカローザカルロボ社。世界的な評価を得ている理由には、国営会社時代の1960年に設立した自社のバラ研究所の存在があります。研究所ではローズの成分や効果効能についての化学的な研究をしており、何百種類もの含有成分から複雑に構成されているということや、数多くの作用があることが発見がされています。そして、研究から得た知識や技術を活かしながら、常に新しい製品づくりを目指しています。太古の昔から人々に愛され、使い続けてこられたダマスクローズ。ブルガリアの大地で育ったナチュラルなダマスクローズが本来が持つ、やさしく力強いチカラこれこそが、ブルガスカローザカルロボ社が世界中の女性に贈る最大の魅力です。


ダマスクローズとは?

 

ダマスクローズは数多くあるバラの品種の中の一つで、ピンクの何枚にも重りあう花びらが丸く咲く姿は優しい印象でとても美しいです。濃厚で甘い香りを放つ品種として、ローズオイルやローズウォーターの原料として古くから使われていました。栽培の起源は古く紀元前6~5世紀には始まっていたとされ、古代ギリシャ・ローマ時代にはすでに観賞用として知られていました。その後、ダマスクローズを原料としたローズオイルやローズウォーターが製造されるようになり、その優れた成分から薬品としてはもちろん香としても珍重されましたが、希少性ゆえに身分の高い人々だけが使えるものでした。絶世の美女と言われたクレオパトラや、ナポレオン一世に愛されたフランス皇妃ジョセフィーヌも、ダマスクローズが放つその気品高い香りをこよなく愛したと伝えられています。

 


ブルガリアでは、オスマントルコ時代の14世紀にシリアの首都ダマスカス(Damascus)から運ばれたことに由来しダマスク(Damascena)と呼ぶようになったといわれています。バラ栽培に適した気候と土壌に恵まれたブルガリア カザンラク地方のバルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈にはさまれた一帯は、今ではダマスクローズの一大産地となり『バラの谷』と呼ばれるまでになりした。ローズオイルの生産量は全世界の70%、供給量では80%を占めるまでに発展しており、世界で最高の品質であると評されています。また、ブルガリアでは古くからバラには菌の繁殖を防ぐ働きがあることが知られており、健康維持のために役立つとされ漢方薬のような薬品として利用されてきました。現在でも自然薬をはじめ、お茶やジャムなどといった健康食品の原料として広く使われています。 


ブルガリアの首都ソフィアから東へ約3時間。国の中央を東西に貫くトラキア平原がバラの産地です。中でも、クリスウラからカザンラック一帯が「バラの谷」と呼ばれており、北に標高の高いバルカン山脈、南になだらかな丘の連なるスレドナ・ゴラ山脈に挟まれた地形が、冬は温暖、昼夜の温度差が大きい気候、水はけの良い土壌ををつくり常に清らかな水に恵まれています。これらの条件が合わさったことから世界最高のバラが育つ谷となりました。ブルガスカローザカルロボ社は、そのバラの谷の中心に位置し古代から現代にいたるまでブルガリアのバラ産業の中心となって活躍しています。


ローズオイル、ローズウオーター

ブルガスカローザカルロボ社独自の製法技術。

世界最高品評価の希少なローズオイルとローズウォーター

世界的な有名ブランドの化粧品や香水に共通して使われている香料こそが、このブルガリア産ダマスクローズオイルです。原料となる花弁は開花して日光が当たってしまうと香油成分が蒸発してしまうため、まだ夜が明けぬ暗い早朝のつぼみのうちに摘み取ります。そして、摘み取られたバラはその日のうちに「水蒸気蒸留法」で蒸留され、その際に抽出された液体の自然分離した上層部がローズオイルであり、下層部がローズウォーターとなります。ローズオイルが黄金色に対してローズウォーターは無色透明ですが、そのローズウォーターにも0.2~1.1%のローズオイルエキスが溶け込んでおりダマスクローズそのままの香りがします。また、ローズオイルは凝固する温度が低いほど良質であり、一般的に凝固温度の基準は23度とされていますが、ブルガスカローザカルロボ社の製造するローズオイルの凝固点は21度と低い温度で設定していることも世界で高い評価を得ている理由の一つです。


バラ品種の中で最も香油成分が多いといわれるダマスクローズですが、それでも1キロのローズオイルを生産するためには約3.5トンもの花弁が必要となります。これをバラ畑の広さで表すと約1ヘクタールの収穫量に匹敵し、1グラムのオイルに約3000個の花が使用されているくらいとイメージするとわかりやすいかもしれません。またすべて手摘みで作業をおこなうため、1人で作業をおこなったと仮定すると100日かかる計算になります。太古よりローズオイルが『金よりも価値がある』『エッセンシャルオイルの女王』と言われ続けてきたことが納得ができます。